FC2ブログ

== 未分類 ==

もうすぐ卒業

半年前から学校に行く事がとても困難になってしまった六年生の長女。

原因はいろいろなストレスが積もり積もったみたい。

六年生になった時に、
今までで1番楽しいクラスだぁ❗️
とあんなに喜んでいたのに。

夏休み明けから行けなくなった。

それでも毎日近所の仲良しの女の子2人がピンポンを鳴らしに来てくれてた。

クラスメイトが毎日今日の出来事と明日の予定を書いてくれて、
📝明日は楽しい授業だよ。待ってるね。
📝またピアノ聴かせてね
などのコメントまで書いてくれた。

先生も凄く協力的で、娘が緊張しなくて済む授業に変更してくれた事もあった。

その甲斐あって週に2度ほど2時間ずつくらい行けていた。

そんな時はいつもまず保健室に。

クラスメイトが明るくいつも迎えに来てくれた。

卒業式が近いので毎日学校では練習があるけれど、娘は体育館に入ることができないようで、外から覗いているだけ。

それでも娘は本番に出たいと言うのでやはり練習に行くけれど、体育館にどうしても入れない。

ある日、他にお休みをしている子2人と娘とで、先生4人と夕方5時から体育館で練習をしてくれた。

1人の先生は校長先生役
「安心してください。前の子のマネをすれば良いだけです😁」と流行りのギャグを取り入れてくれながら、細かい指導をしてもらった。

忙しくて寝る時間も少ない六年生の先生方。とにかく娘がどうやったら安心して学校にいることができるか毎日考えて下さった。

そんな中、六年生を祝う会があった。

娘は行きたいと言うので学校に連絡した。

それを先生がみんなにお知らせしてくれたらある男の子が
よっしゃ~❗️
とガッツポーズをしてくれたそう。

とても純粋で優しい男の子たち。

女の子は、暗い顔の娘に楽しい話題をたくさん用意してくれた。

こないだは保健室に六年生の子が集まり過ぎちゃって、養護教諭の先生が
今日だけだからね~😏
と、苦笑していた。

毎日、学校に行けるか行けないかの親子の葛藤だった。

卒業式まであと4日。

中学校に行けるかどうかは考えても誰も分からない。

とにかく楽しい思い出で終われたらいいな。

無事に卒業式できるかな。

大人になった時に、いろいろなみんなの優しさを改めて感じられれて、感謝できたらいいな。

今はまだ感謝できるところまで気持ちが持っていけてないもんね。

卒業式に出れなくても最後に先生にみんなでありがとうございました
が言えるといいね。
スポンサーサイト



┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 11:44:06 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old